ボクシング、キックボクシング、総合格闘技(MMA)

ボクシング、キックボクシング、総合格闘技(MMA)を独自の視点で解説しつつもバッサリぶった斬ることもしていく格闘技歴20年の元プロ格闘家のブログです。

WOWOW

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モハメド・アリ(Muhammad Ali)



「蝶のように舞い、蜂のように刺す」

「アリ・シャッフル」


など“ボクシング界の偉人”とも言える伝説的なボクサー。

格闘家の試合前のマイクパフォーマンスや

試合中の挑発行為などは

彼がパイオニアとなって始まったのであろうが、

やはり彼ほどそれが知的で暴力的に魅せ、

格好良く映るボクサーは未だかつていない。

そして、これからも。


--------wikiより引用---------------
モハメド・アリ(Muhammad Ali、1942年1月17日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。アフリカ系アメリカ人であり、他にイングランドとアイルランドの血を引いていた[1]。ケンタッキー州ルイビル出身。本名は同じで、旧名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア (Cassius Marcellus Clay Jr.)。
デビュー当初はカシアス・クレイと呼ばれていたが、1964年にネーション・オブ・イスラムへの参加を機に、リングネームのみならず本名自体をモハメド・アリに改名し、その名で呼ばれるようになった。アマチュアボクサーとしてボクシングを始め、1960年のローマオリンピック・ライトヘビー級金メダリスト。プロに転向するや無敗で世界ヘビー級王座を獲得。その後は3度王座奪取に成功し通算19度の防衛を果たした。人種差別と戦い、ベトナム戦争の徴兵拒否など(#リング外での闘い)社会的にも多くの注目を集めた人物である。



スポンサーサイト
  1. 2012/02/24(金) 02:21:21|
  2. ハイライト

シュガー・レイ・レナード(Sugar Ray Leonard)



未だに彼を敬愛し、

模倣するボクサーは後を絶たない偉大なボクサー、

シュガー・レイ・レナード。

人気ボクシング漫画“はじめの一歩”

宮田一郎もレナードをモデルに生まれたキャラクターだと言われている。

紛れもなく“伝説のボクサー”の一人だ。


--------wikiより引用---------------
シュガー・レイ・レナード(Sugar Ray Leonard、1956年5月17日 - )は、アメリカ合衆国のプロボクサー。サウスカロライナ州ウイミルトン生まれ。本名はレイ・チャールズ・レナード。母親がレイ・チャールズのファンだったため命名したもの。のちにボクサーとして活動する際、尊敬するシュガー・レイ・ロビンソンにあやかって、シュガー・レイを名乗った。
モハメド・アリが去った米国ボクシング界に颯爽と登場し、デビュー直後からアリの後継者として絶大な人気を獲得。爆発的なスピードと芸術的なテクニック、優れたインテリジェンス、ロビンソンやアリの系譜に連なるスター性を併せ持ち、1970年代後半から1980年代にかけてのボクシング界を代表するスーパースターの座に君臨。「ヘビー級が動くが如く、ボクシングは動く」とされたボクシング界の常識を覆して、ロベルト・デュラン、マービン・ハグラー、トーマス・ハーンズらと歴史的なビッグファイトを繰り広げ「黄金のミドル(中量級)」時代を盛り上げた。





  1. 2012/02/24(金) 02:09:30|
  2. ハイライト

マイク・タイソン(Mike Tyson)



ヘビー級にしては明らかに小柄なタイソンだが、

小柄を生かしたボディワークが異常に速い。

更に鋭いステップ。

それらの土台から発射されるパンチは極めて重くキレがある超一級品。

バタバタとヘビー級の猛者達をなぎ倒していった。

まさに史上最強のボクサーの一人として数えられたボクシング界の英雄だ。

--------wikiより引用---------------
“マイク”マイケル・ジェラルド・タイソン(Michael Gerard "Mike" Tyson、男性、1966年6月30日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。1980年代後半から1990年代にかけての全盛期にはパウンド・フォー・パウンドともいわれた、アメリカのヘビー級ボクサーである。




  1. 2012/02/24(金) 02:02:59|
  2. ハイライト

フロイド・メイウェザー(Floyd Mayweather) vs オスカー・デラホーヤ(Oscar De La Hoya)

2007年5月5日
WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
フロイド・メイウェザー(Floyd Mayweather) vs オスカー・デラホーヤ(Oscar De La Hoya)




------------wikiより引用------------------------------------
オスカー・デ・ラ・ホーヤ(Oscar De La Hoya、男性、1973年2月4日 - )は、メキシコ系アメリカ人の元プロボクサー。名の「De La」は英語に訳すと「of the」であり、『ホーヤ家のオスカー』となる。アメリカ合衆国カリフォルニア州イーストロサンゼルス市出身。アマチュアではバルセロナオリンピックライト級で優勝、プロでは史上初の6階級制覇を成し遂げるなど、アマ時代からエリート街道を驀進してきたその成功ぶりから「ゴールデンボーイ」の異名を持つ。

フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.、男性、1977年2月24日 - )は、アメリカ合衆国のプロボクサー。現WBC世界ウェルター級王者。
父のフロイド・メイウェザー・シニアは元ウェルター級プロボクサーで、ボクシング史上に残る名トレーナー。叔父のロジャー・メイウェザーも元2階級制覇王者でトレーナーというボクシング一家に生まれ育った。「史上最速のスピードスター」と評価されるほどの圧倒的なスピードと超人的な反応速度、卓越したディフェンステクニックで相手を翻弄する試合を得意とする。階級を上げてからパワーは目減りしたものの、寸分の狂いもないタイミングで打ち出すダイレクトブローと常人離れした高速コンビネーションを武器に芸術的なKOを演出する。プロでの戦績は全戦全勝、史上初めて全勝のまま5階級制覇を達成するなど、2008年に一旦引退するまでの間パウンド・フォー・パウンド最強のボクサーとして評価されていた。

デラホーヤは初防衛戦で4階級を制した無敗のフロイド・メイウェザー・ジュニア(WBC世界スーパーフェザー級、WBC世界ライト級、WBC世界スーパーライト級、IBF、WBC、IBO世界ウェルター級)との「世紀の一戦」において、1-2の12回僅差判定で敗れる。メイウェザーは5階級制覇(4人目)を達成し、即日王座返上を表明。



  1. 2012/02/18(土) 02:31:34|
  2. ハイライト

西岡 利晃 モンスターレフト



2010年、2011年と2年連続で

日本ボクシングコミッションによる年間最優秀選手に選ばれた西岡。

今後は世界のスーパースター、ノニト・ドネアとの世紀の一戦が行なわれるのかどうか、

また、引退?についてもその動向が注目される。

ただ、私は個人的に西岡はドネアには歯が立たないと思う。

さらにリゴンドー、サーシャにもだ。

やはり世界のあのクラスはチャンピオンの中のチャンピオン。

同じ日本人として応援したいが、

冷静に見ると勝てる見込みは少ないと見る。

----------wikiより引用-----------
---------------------
西岡 利晃(にしおか としあき、男性、1976年7月25日 - )は、日本のプロボクサー。兵庫県加古川市出身、尼崎市在住[4]。現WBC世界スーパーバンタム級王者。JM加古川ジム所属選手としてプロデビュー、2000年9月より帝拳ジム所属。
バンタム級時代は「最も世界に近い男」「日本のエース」としてファンの大きな期待を集めた若手期待の星だった。4度の世界挑戦失敗にアキレス腱断裂など数々の苦難を乗り越え、スーパーバンタム級に転じてからも連勝を続けてチャンスを待ち、5度目の世界挑戦において世界王座を獲得。サウスポーのボクサーファイターで、愛称は「スピードキング」。得意の左ストレートをはじめとする左の強打は一撃で相手を沈めてしまう程の強打であり、その威力から「モンスターレフト」との異名を持つ。



  1. 2012/02/18(土) 02:19:17|
  2. ハイライト
次のページ

海外の格闘技はWOWOW

WOWOW

大迫力TV、音響、録画で観る

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Kojima.net(コジマネット)【PC・携帯共通】

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
world (0)
japan (0)
boxing (14)
kick boxing (0)
MMA (2)
pv (0)
ドキュメント (3)
ハイライト (9)
国内ボクシング (1)
パソコン教室 (0)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。