ボクシング、キックボクシング、総合格闘技(MMA)

ボクシング、キックボクシング、総合格闘技(MMA)を独自の視点で解説しつつもバッサリぶった斬ることもしていく格闘技歴20年の元プロ格闘家のブログです。

WOWOW

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジョージ・エドワード・フォアマンGeorge Edward Foreman) vs モハメド・アリ(Muhammad Ali )

1974年10月30日
WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
ジョージ・エドワード・フォアマンGeorge Edward Foreman) vs モハメド・アリ(Muhammad Ali )


“キンシャサの奇跡”と呼ばれる

フォアマンとアリの伝説の一戦。



--------wikiより引用---------------
ジョージ・エドワード・フォアマン(George Edward Foreman、1949年1月10日 - )は、アメリカ合衆国のプロボクサー。テキサス州マーシャル出身。
「象をも倒す」といわれた強打を生かし[1]、メキシコシティオリンピックボクシングヘビー級で金メダルを獲得した。プロ転向後はジョー・フレージャーやケン・ノートンをも2ラウンドでKOし、統一世界ヘビー級王座を獲得・防衛した。その後、キンシャサの奇跡でモハメド・アリに敗れるなどし1977年に28歳で一度は引退するも、1994年に45歳にして実に20年ぶりに世界ヘビー級王者に返り咲いた。
娘であるフリーダ・フォアマンもプロボクサーとして活動した。

モハメド・アリ(Muhammad Ali、1942年1月17日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。アフリカ系アメリカ人であり、他にイングランドとアイルランドの血を引いていた[1]。ケンタッキー州ルイビル出身。本名は同じで、旧名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア (Cassius Marcellus Clay Jr.)。


モハメド・アリは王座剥奪後の1971年3月8日、ジョー・フレージャーに挑戦する。初めての敗北を喫したが、3年後の1974年10月30日、フレージャーに代わり新王者となっていたジョージ・フォアマンにKO勝ちを収め、王座に返り咲いた。
この挑戦試合はアフリカのザイール(現・コンゴ民主共和国)で行われ、"Rumble in the jungle"というタイトルがつけられていた。当時、一般には全盛を過ぎたと見られていたアリが史上最高のハードパンチャーと目されたフォアマンを破ったため、「キンシャサの奇跡」とも呼ばれる。
この試合でアリは、ロープにもたれながら相手のパンチを腕でブロックし、自分では打ち返さずに、防戦一方になっていたが、一見劣勢に見えながらも、フォアマンの体力を消耗させて、最後の一発で逆転するというクレバーな作戦をとり、見事な勝利を収めた。アリはこの戦法を"rope a dope"と名づけた。
ただし、以降の防衛戦でこの戦法を多用する一方、対戦相手のパンチを被弾することも増加していったため、後年のパーキンソン病の遠因ではないかとする説がある。
スポンサーサイト




  1. 2012/02/24(金) 02:43:25|
  2. boxing

海外の格闘技はWOWOW

WOWOW

大迫力TV、音響、録画で観る

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
Kojima.net(コジマネット)【PC・携帯共通】

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
world (0)
japan (0)
boxing (14)
kick boxing (0)
MMA (2)
pv (0)
ドキュメント (3)
ハイライト (9)
国内ボクシング (1)
パソコン教室 (0)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。